晴明堂の本棚(鍼灸コーナー)


薬、手術、治療法、さまざまな症状についてなど、患者からよく受ける質問をテーマごとに分類して、それぞれ具体的な答え方を収める。症例集付き。


経絡・経穴は鍼灸学の重要な基本理論であり、中医学と切っても切れない関係にある。経絡と経穴に内在している神秘的な本質と古めいたベールをひとつひとつ紐解き、深い内容をイメージ豊かな絵柄とやさしい言葉で説明する



東洋医学見聞録

本書は、鍼灸治療を主に、現代医の目を通して見た「現代医学にはない“東洋医学の優れた面”」を驚きと感動を込めてエッセイ風に綴ったものである。追試しても日常の診療に役立つものだけが述べられている



開業鍼灸師のための診察法と治療法

以前に務めていた整骨院内勉強会での教科書となった本です

学生時代から何度も繰り返し読んだ本

読み直す度に新しい発見があり、久しぶりにまた読み返してみたくなりました


各疾患、症状別の診察法、鍼灸治療の適否を解説し、鍼灸の治療ポイントを図示。一目で治療ポイントを把握できるように配慮した、実践的なマニュアル。そのほか鍼灸治療による副作用や過誤についての予防法・対処法も解説


基礎編ではツボの特性、基礎鍼灸学、鍼灸診療などについて、臨床編では具体的な鍼灸治療の手順などについて、鍼灸臨床に携わる人を対象に解説する


自律神経機能を指標とし、経験医術の真髄を生かした鍼灸療法について、基礎から症候別治療論まで網羅して解説。自然治癒力に、症状に、未病に総合的な対応をする鍼灸治療学を紹介


明治時代に文部省が位置づけた鍼灸教育から100余年、科学的視点に立った臨床鍼灸学が拓かれようとしている。自律神経機能を主とした研究による、自然治癒力を高める鍼の刺法と、自律系愁訴に対する治療の体系化を試みる


130余の疾患の特効穴を披瀝しただけでなく、刺鍼の方向・深さ・鍼の番手までを明記。さらに、思考が身体に与える影響にも着目し、治療家自身の心持ちと患者へのアドバイスにも言及する。心の力が病を治す!



鍼灸などのメカニズムとなる体性自律神経反射について解説した類をみない書籍。自律神経学と感覚生理学の第一人者が共同で執筆しており、感覚受容器、中枢神経内経路、体性自律神経反射の順に詳細に解説される。本書には読者が物理療法、鍼灸、手技療法についての治療効果を科学的に理解するための貴重な情報が凝縮されており、理学療法士、作業療法士、鍼灸師などのコメディカルの教科書・副読本として最適といえる


初学者からベテランまで圧痛点を的確に臨床に用いるために